【最新】おすすめ電動コーヒーミル3選を徹底解説

コーヒー

おいしいコーヒーをいただくためには「豆をその場で挽くこと」が大切だとよく言われる。しかし実際にはコーヒーミルがないとその場では挽くことができないし、手動コーヒーミルだと膨大な時間が必要になる。そこで今回は最新電動コーヒーミルのおすすめ3選を紹介していきたいと思う。

はじめに

はじめに

電動コーヒーミルにはさらに2種類あることは知っているだろうか。

実はこれは「豆の挽き具合(粗さ)の調節の仕方」で分類できるんです。

基本的に低価格な電動ミルは「豆を挽く時間」で豆の粗さを調節します。

実はアマゾンで実際に検索をするとわかるのですが、「電動コーヒーミル」と検索をしたときに一番多くヒットするのがこのタイプなのです。

このような商品は、本体の中に回転する刃が取り付けられており、ボタンなどを押して刃を回転させることで豆を粉の状態にするのです。

フードプロセッサーみたいな構造をしています。

これらの商品は構造が単純なことが多いので比較的安価なことがいいですが、実は以外と使いにくいんです。

その理由は「一度に多くの豆を挽くことができない」ということと「挽き具合を保つことが難しい」からです。

まず、これらのタイプは豆を多く投入すると刃が回転しないため、そもそも物理的に豆を挽けません

またさらに分けて豆を挽くことで挽き具合を同じ具合に保つことがとても困難になる上、刃を回す時間や豆の量で粗さが変化するため、毎回挽き具合が微妙に異なり、結果としておいしいコーヒーを継続して飲むことが難しくなります。

電動コーヒーミルならこれを買え!

以上のことを念頭に置いた上で、おすすめの電動コーヒーミルを5つ紹介していきたいと思います。

1.カリタナイスカットG

まず初めに紹介するのが「カリタ ナイスカットG」という商品で、実は私も使っています。

この商品の特徴は1分間になんと100gもの豆を挽くことができるほか、豆の挽き具合をダイヤルで物理的に調節することができるのもうれしい点。

またカリタナイスカットネクストGという商品は静電気除去機能があり、微粉などが本体にくっつくことを防止することができますが、この商品はその機能はありません。

しかし、微粉などが本体に吸着されることで、結果として雑味の少ないおいしいコーヒーをいただくことができます。(もちろんお手入れ用の専用ブラシもついてくるので安心)

業務用を家庭用に小型化した製品なのでとりあえずこれを買っておけば困ることはありませんよ。

サイズ幅120×奥行218×高さ337mm
保証期間1年間
セット内容フタ・ホッパー・受缶・クリーニングブラシ
容量ホッパー・受缶/50g
性能100g/分 中粗挽き(カッティングタイプ)ダイヤル調整

商品購入や詳しい説明などはこちらからご覧になれます。

2.デロンギコーン式コーヒーグラインダーKG364J

続いて紹介する商品はデロンギ(De’Longhi)のコーン式コーヒーグラインダーKG364J という商品です。

この商品の特徴はコーン式(コニカル式)で豆を挽くことができるという点です。

このコーン式は挽いた豆の粗さが均一になりやすいという特徴と、豆を挽く際に発生する摩擦熱を最小限に抑えることでコーヒーアロマをそのままに、風味と香りあるおいしいコーヒーをいただくことができますよ。

また14段階のタイマー機能を兼ね添えたツマミで粒度を極細挽き~中挽きまでの間で調整することができ、ネルドリップやエスプレッソからドリップコーヒーまで広く対応しています。

しかしややドリップコーヒー用としては豆の粗さが細かすぎるようで酸味が若干強く感ぜられるようであり、エスプレッソ用としての購入が多く見受けられます。

サイズ幅135×奥行195×高さ275mm
保証期間記載なし
セット内容クリーニングブラシ、計量スプーン
容量110gのコンテナ
性能極細挽き(エスプレッソ対応)~
中挽き(コーン/コニカル式)
14段階のスイッチ兼タイマーツマミ

3.メリタ 電動コーヒーミル パーフェクトタッチII CG-5B

3番目に紹介する商品はメリタが発売するパーフェクトダッチⅡという商品です。

こちらの商品は電動うす式ミルで粗挽きからエスプレッソ用に極細挽きまでダイヤルを調整して挽くことができます。また挽きムラが少なく、挽いた豆が整いやすいという特徴もあります。

また一度に12杯分まで一気に挽くことができることも嬉しい点。

しかし4段階のみでの調整ですので、ドリップコーヒーには少し細かすぎるという意見も中にはあります。

また詳しい性能などがあまり公開されていないので、購入する際はアマゾンなどのレビューなどをよく見て購入するかの検討をするとよいと思います。

だだ、ドリップコーヒー用でしたらやはりカリタのナイスカットGベストであると思います。

サイズ幅113×奥行153×高さ219mm
保証期間記載なし
セット内容特になし
容量100g
性能記載なし

旅プラス公式YouTube
ついに始動

菊地 哲平

菊地 哲平

しっかりした計画もなく、思いのままに行きたいところに行って、好きなことをする。 そんな旅の楽しさを伝えたいなと思い、旅PLUSを開設しました。 人生という旅になにか「プラス」することができるようなサイトを目指していきたいです。

関連記事

特集記事

  1. 昔懐かしいシンプルな塩ラーメンを食べに夕張に行こう。

  2. 旭川の和食がおいしい、地元民が愛する通なお店なら「独酌三四郎」がベスト

  3. 特急ひたち22号に見る、北海道新幹線が開通しても特急北斗を残すべき理由!

  4. 【秘湯】函館・水無海浜温泉の日帰り入浴のすすめと注意点

  5. カップルおすすめ!一度は行きたい雰囲気抜群の釧路炉端焼き

  6. ローカル線NO.1 |道南いさりび鉄道の知られざる魅力

  7. 【写真あり】ミレド札幌 新店スタバに行ってみた|スターバックス開店レビュー

  8. JR北海道 北浜駅からオホーツク海を眺める|釧網線撮影スポット

  9. 幻の橋タウシュベツ橋梁巡りの撮影おすすめスポットと注意点

  10. 石勝線大カーブを撮る! 増田山へのアクセス・実写紀

TOP